こんな人にはオートロック物件がおすすめ!

オートロック付きのマンションの特徴について

マンション物件の中にはオートロック付き物件があります。
オートロックとは、マンションのエントランス部分にあるドアをロックする機能で、訪問先の部屋に行くためには、エントランスドアのロックを解除しなければ内部に入る事は出来ません。
エントランスドアを解除出来るのは、マンションに住んでいる住民であり、訪問者はエントランス部分にあるテレビ付きモニターフォンを使って訪問先の人を呼び出します。
呼び出された人は、開錠を行う事でエントランスドアは開きますが、セールスなどで訪れた人などの場合、開錠を行わなければ建物内部に入る事が出来ないので、自宅の扉の前まで来る事も出来ません。
留守中の時も開錠が出来ないシステムなので、面会したくない人が来ている場合には居留守を使えると言うメリットもあります。

テレビモニターで訪問者をチェック出来ます

オートロック機能が付いているマンションの場合、エントランスドアで訪問先に連絡をしてドアを開錠して貰わないと内部に入れないのですが、どのような人が訪問したのかは、各部屋に付いているテレビモニターフォンで確認が取れるようになっています。
面会する予定がない知らない人が来ていると言った場合、セールスマンの可能性もあるので、居留守を使えば面会せずに済みます。
最近はセールスで訪れるセールスマンが多いので、知らない人以外は自宅の玄関先に入れたくないと言う場合、オートロック機能付きのマンションは安心感がありますし、特に一人暮らしの女性などの場合、テレビモニターフォンで見て、知らない人なら居留守を使ってシャットアウトする事も出来るのです。